ブランク1〜2年の潜在看護師の復職活動のポイント

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

ブランク1〜2年の潜在看護師の復職活動のポイント

看護師として1度は退職をして、潜在看護師となってから再び復職しようと考えている人も多いでしょうが、復職する時に重要となってくるポイントは、どれぐらいブランクが空いているのか、潜在看護師となる前にはどれぐらいの経験年数があるのかという点です。

 

基本的に1年や2年程度のブランクであれば、看護師として復職するのには、特に問題なく復職できる事が多くなっています。

 

もちろん看護師の資格を取得してから1年程度の経験しかないという場合や、看護師の資格を取得してから全く看護師として仕事をした経験が無いという場合であれば問題なので、やはりそれ相応の対策を練る必要があるでしょう。

 

しかし、ブランクが1年や2年であれば、経験が3年以上ある場合には特に問題なく就職が可能になっていますし、不安であれば研修制度がきちんと整っている大きな病院などに就職すれば大丈夫です。

 

ブランクが1年や2年という人の場合には、大体ストレスや疲れによって休業している場合や、産休を取って休業していたという場合が多いでしょうが、産休の場合にはそのまま復職する事は可能ですし、最近では産休から復職した人の立場が悪くなるような職場はだいぶ少なくなっている傾向にあるので、それほど心配する必要は無いでしょう。

 

もし産休を取らずに退職してしまい、2年ぐらい経ってから保育園に子供を預けてアルバイトなどで働きたいという場合であっても、看護師は比較的求人がたくさん出ていますし、細かくこのような職場で働きたいと指定しない限りは、復職できる可能性は高くなっていると言えます。

 

しかも看護師は人数不足となっている事から、面接できちんとした対応ができてさえいれば、滅多に落とされるような事はありませんし、1つの求人に多数の応募者が来る事も少ないので、できれば潜在看護師となっている時に、本を読むなどして知識を付けておけば更に就職しやすくなるでしょう。

 

ブランクが1年や2年ぐらいで経験がある程度あれば、それほど心配する必要は無いので、安心して自信を持って復職してほしいと思います。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧