ブランク10年以上の潜在看護師の復職活動のポイント

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

ブランク10年以上の潜在看護師の復職活動のポイント

看護師の仕事を辞めて、ブランクが長くなれば長くなるほど復職は難しくなってしまいますし、どんなに経験があっても、やはり10年を超えてしまうと忘れてしまう事もたくさんありますし、感を取り戻すまでにも時間がかかってしまいます。

 

しかし、看護師資格には自動車の運転免許のように更新をする必要はありませんので、1度取得すれば資格を取り消される事はまずありません。

 

では、潜在看護師としての期間があまりにも長く、10年以上となってしまった場合には、どのようにして復職すればよいのかというと、やはりいきなり職場に復帰するのは不安だと考えている人も多いので、研修制度を設けている病院で採用してもらう方法や、復職支援制度呼ばれているシステムを導入しているような職場がお勧めです。

 

復職支援制度を導入している求人を見つける為には、看護師専門の求人サイトに登録する必要がありますし、担当者に復職支援制度が導入されている求人を探したいという事を相談しておくと良いでしょう。

 

更には短期アルバイトや単発アルバイトである程度経験を積み直してから就職するという方法もあるのですが、短期アルバイトや単発アルバイトの場合であっても、ある程度看護師として仕事ができないと採用してもらえない場合もあります。

 

その為、10年以上ブランクが空いていると難しいので、介護士として一定の期間勤務しておくという方法もお勧めです。

 

介護士も看護師と同様に人材不足となっていますし、看護師ほど大変な仕事ではないので、ある程度慣れてからアルバイトで看護師になると言った方法で復職している人も実際には存在しています。

 

そして自分でもきちんと勉強をし直しておき、今まで行ってきた知識を戻すように努力する必要もありますし、セミナーなども利用するできでしょう。

 

さすがに10年以上ブランクが空いてしまうと、ほぼ未経験者と同じような状態になってしまうので、1からやり直すという覚悟が無いと、再就職は難しいと考えておくべきです。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧