ブランク5年の潜在看護師の復職活動のポイント

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

ブランク5年の潜在看護師の復職活動のポイント

ブランクはできる限り短いに越した事はありませんが、家庭の事情などでどうしてもある程度ブランクが空いてしまう事も当然あるでしょう。

 

そこでブランクが5年前後空いてしまった場合には、看護師として復職しやすいのか、それとも大変なのかを見ていきたいと思います。

 

潜在看護師としての期間が5年前後ある場合には、やはり職場を離れる前に、何年看護師として経験を積んでいたのかが重要になってくるのですが、1年程度であれば3年ぐらい経験があれば問題ありませんが、5年のブランクがある場合には、やはり3年の経験では就職するのが難しくなってしまうでしょう。

 

看護師としての経験が10年ぐらいあり、その後に5年ぐらいのブランクであれば、比較的復職しやすいと言えるのですが、やはりブランクが空いてしまった年数の倍ぐらい経験が無いと、復職するのは難しくなってしまいます。

 

では、経験が少なくてブランクが5年あった場合には、もう看護師として復職するのは無理なのかというと、決してそんな事は無く、研修制度がしっかり整っているような比較的大きい病院に勤務する事や、ブランクが空いている人も歓迎と書かれている求人もあるので、このような求人に応募すれば、採用してもらえる可能性も高くなっています。

 

近年では看護師不足を少しでも補おうと、色々な取り組みが行われているので、セミナーや通信教育などを利用して知識を更に付けておけば、復職してもすぐに今までの経験から技術力も取り戻せるでしょう。

 

もちろん職場によってはあまりブランクが空いてしまうと仕事に支障をきたす事もあるので、他にも看護師が多数いる大きな病院などがお勧めです。

 

もし病院以外の職場で働きたいのであれば、短期アルバイトなどで病院の看護師として採用してもらい、感を取り戻してから自分の就職したい職場へ転職するという方法も有効的です。

 

5年のブランクがあったとしても、経験によって色々な方法で復職する事が十分可能なので、決して諦めてはいけません。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧