産後の看護師の復職・再就職活動で押さえておきたいポイント

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

産後の看護師の復職・再就職活動で押さえておきたいポイント

看護師の仕事を辞めてしまう人の原因となっているのは、職場の人間関係や患者との人間関係などのストレスで辞めてしまう場合、夜勤や勤務時間が長いなどの体力的にきつくて辞めてしまう場合、結婚をして辞めてしまう場合が多いのですが、日本人は我慢強い人が多いので、体力的にきつくても、精神的にきつくても我慢して続けている人も多くなっていますし、結婚しても仕事をしたいという人が現在では多くなっているのが現状です。

 

しかし、子供ができれば当然産休を取らなければいけませんし、産休が終わった後でも、近年では夫婦だけで生活をする人が多い事から、母親が子供の世話をする為に退職する事が多くなっています。

 

しかも子供は非常に手がかかるので、どうしても中学生ぐらいになるまでは親が付いていなければいけないと考える人も多くなっているのです。

 

そうするとどうしても潜在看護師としての期間が長くなってしまい、ブランクが大きく空いてしまう為、復職するのが難しくなってしまうのですが、子供の手がかからなくなってきたと同時に、今度は高校や大学に進学する事が多い現代では、学費がたくさんかかってしまう事から再就職を考える主婦の人も増えています。

 

そんな時にはやはり看護師の資格を持っていて、経験もある看護師として復職したいと考えるのが一般的なのですが、経験数よりもブランクの方が空いてしまうと、やはり就職するのは難しくなってしまうでしょう。

 

そこで復職する前にこれだけ行っていれば就職ができる可能性も上がるという方法が、看護師の勉強をしっかりと行っておく、看護師専門の転職支援サービスに登録する、資格を取得しておくというこの3点をしっかりと行っておけば、復職できる可能性は上がります。

 

現在では産休などで大きくブランクが空いてしまった人が復職しやすいようにする為に、継続教育や復帰研修などの制度を行っている病院もあるので、このような教育を行っている病院を探して就職するようにすれば、かなり復職が楽になる事は間違いありません。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧