【青森県】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【青森県】潜在看護師の復職支援の現状

東北地方である青森県は大学病院や総合病院、専門クリニックなど様々な医療施設が揃っています。特に青森県の県庁所在地である青森市には大規模な病院から小さいクリニックまでたくさんの医療機関が集まっているので看護師の求人数も比較的多い傾向にあります。青森市に次いで八戸市、黒石市、弘前市となっています。

 

青森県の医療機関は教育制度が充実している病院が多いので初めての方でも働きやすい環境となっていますが、看護師の資格を持ったまま働いていない潜在看護師の支援活動はどのようになっているのでしょうか。全国には今の看護師不足を充分に補えることができる潜在看護師が存在していると言われており、各都道府県でも潜在看護師の導入に力を入れ始めているのです。

 

青森県のナースセンターのホームページをみてみると年に1度、看護力再開発講習会を行っているようです。5日間にわたり、看護師の今の状況、看護業務・技術などを行っていきます。実際に青森県内の病院や老人介護施設で実習を2日間行い、看護師としての勘を取り戻すことができます。今の最新技術も学べることができるので従来の知識と今の最新知識を身につけることができるので安心ですよ。

 

また、ここで働きたいという希望があれば再就職までサポートしてくれる個別支援研修も行っています。看護師の資格を持っているのに看護師として働かないのはもったいないです。全国的にみても看護師不足に陥っている状態ですし、青森県は若者の県外流出が止まらず、高齢者が増えていくと考えられているので高齢者施設等での看護師の需要が増えていくことでしょう。

 

青森市などは人が集まっていることから病院の求人がありますが、地方となると老人ホームでの求人が目立っています。看護師の資格をぜひ活かして、多くの人々の助けになってほしいのです。長年のブランクが不安だとしても青森県ではしっかり潜在看護師に向けての支援活動を行っているのでどんどん利用して下さい。潜在看護師でも活躍できる場所はたくさんあるということを覚えておいてくださいね。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧