潜在看護師の復職先としておすすめの病院以外の職場

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師の復職先としておすすめの病院以外の職場

健診専門機関

潜在看護師が復職先を選ぶ時におすすめできる職場はいくつかあるのですが、その中の1つは健診専門機関です。健診専門機関というのは、健診センターや健診クリニックのことなのですが、新人看護師が就職するのは難しいものの、ブランクが空いていても看護師としての経験がある程度あれば、十分採用してもらえる可能性があります。

 

しかも常勤だけではなく、非常勤の求人も多数出ているので、いきなり常勤で復職するのではなく、短期アルバイトや単発アルバイトでどのような職場なのかを体験してから常勤で勤務するという方法もおすすめです。中には簡単な健診もあるので、ブランクがある程度長くても採用してもらえる可能性は十分あります。

 

保育園ナース

保育園も比較的潜在看護師が復職する職場としては向いているのですが、看護師がブランクを開けてしまう理由の多くが育児です。保育園というのは小さな子供を預かる施設なので、子育ての経験があるとかなり有利になるため、保育園に復職するという看護師も実際には多くなっています。

 

保育園も常勤だけではなく、比較的非常勤の求人も出ていますし、求人数は少なくても応募者が少ないので、倍率が高くなることはほとんどありません。よって保育園が多くなっている地域であれば、十分復職することは可能です。

 

企業内医務室

企業内医務室は比較的待遇がよくなっているので、ブランクのある看護師が復職したいと希望することも多いのですが、確かに仕事内容などは看護師の経験があれば特に問題はないものの、求人数が少ないことや、倍率が高くなることが多いという点を見ると、健診機関や保育園の方が復職に適していると言えるでしょう。

 

ただし、企業内医務室の求人は常勤が多くなっているものの、紹介予定派遣と呼ばれている雇用形態でよく募集を行っているので、紹介予定派遣で就職する場合には、ブランクがあっても比較的採用してもらえるケースが多くなっています。しかも数ヵ月勤務すれば常勤として働けるので、潜在看護師が復職する場合には、紹介予定派遣がおすすめです。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧