【千葉県】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【千葉県】潜在看護師の復職支援の現状

千葉県では、65歳以上の高齢者の人口増加率が50%にも上り、いずれ高齢者人口が200万人になるという予想があります。かつて経験したことのないこのような状況において、医療を取り巻く様々な問題が噴出しています。その中の一つに「看護師不足」が挙げられています。千葉県は、人口当たりの看護師数や医師数が全国の中でも少ない県で、急激な高齢化に伴う医療期間の需要に対して、現在の看護師数では対応が困難になると予想しているようです。

 

このような状況にある千葉県では、即戦力という観点で、看護学生や潜在看護師に対する様々な講習会・研修会を行なっています。中でも潜在看護師に対する復職支援での講習・実習を重要と考えているようですよ。千葉県看護協会が良い例になると思いますが、潜在看護師を対象としたセミナーや研修(実習)を実施している病院の案内を行なっています。

 

千葉県の看護師求人を見てみると、常勤での募集とともに非常勤(パート勤務など)での募集もかなり多いことに気がつくはずです。医療機関における看護師不足を考えたとき、採用側も少しでも看護師が働きやすい環境・条件を作るべくいろいろ努力しているのです。例えば、夜勤のない日勤業務での募集や勤務時間・勤務曜日相談可というのは良い例ですね。これは中途採用を考え、潜在看護師を取り込む姿勢の一つと言っても過言ではありません。ブランクがあるといっても、経験のある看護師はとても重要だということです。

 

しかし、ブランクのある潜在看護師の多くは、復職に対して様々な悩み・不安を抱えています。医療・看護技術から遠ざかってしまったことへの不安や体力面(夜勤を行なっていくなど)での不安は、多くの潜在看護師が抱えていて、これが復職を躊躇させる要因にもなっているようです。何年もブランクを持っている看護師の方々が、このような不安を抱えるのは仕方がないことです。だからこそ、復職を考えている看護師には、看護協会や様々な医療機関が行なっている復職支援での講習会や研修会を利用していただきたいのですよ。

 

たとえブランクがあったとしても、潜在看護師には看護師として培ってきた様々な経験があるはずですよね?様々な講習会や実習を利用して、離れてしまった現場でのカンを取り戻し、最新の医療・看護の知識を確認していってください。そうすれば、復職に対して自信もつくし、新たな気持ちで看護師としてのスタートをきれるのではないでしょうか。

 

千葉県にお住まいの潜在看護師のみなさん、多くの医療機関や介護現場があなたの力を必要としています。ひとりでも多くの方が現場に復帰できますよう祈っています。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧