【岐阜県】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【岐阜県】潜在看護師の復職支援の現状

出産、子育てなどのため看護現場を離れた潜在看護師は、全国で55万人ともいわれています。その8割が、復職したいと希望しています。しかし、ブランクが長くなると、習得した技術を忘れてしまうことや、新しい医療機器などに対応できるかなどの不安から復職を躊躇するケースもみられます。

 

岐阜県では、潜在看護師の支援を積極的に行っています。「看護師等の人材確保の促進に関する法律」に基づき、岐阜県看護協会に運営を委託し、岐阜県ナースセンターを設置しています。全国的にもそうですが、岐阜県においても看護師不足は深刻な状況です。岐阜県ナースセンターは潜在看護師の復職相談や斡旋、復職に役立つ支援研修として県内の病院・施設での実習、他にも在宅医療支援として訪問看護養成講習会の開催など幅広い支援活動を行っています。

 

潜在看護師のブランクを克服するには、このような行政の支援を活用すると良いでしょう。他にも看護師専門の人材紹介会社や人材派遣会社、ハローワークなどさまざまな機関で、個々の能力やブランク、就業条件などを見極めて復職支援を行っています。また、潜在看護師の復職では、いきなり大きな病院で長時間の勤務は難しいといえます。現場ではチームワークが重視されるためブランクは非常に響きます。まずは、比較的に業務が緩やかで、ゆっくりした職場から始めることが必要です。

 

岐阜県では、県庁所在地の岐阜市を始め、大垣市、多治見市、各務原市などは病院・介護施設等の数も多く、求人においても正社員からパート勤務まで、日勤のみ、夜勤のみ、短時間勤務、週3日程度の勤務など幅広い求人が見られます。自分のライフスタイルに合わせた復職先も見つかりやすいといえます。近年では特に、病院側も復職に際してのサポートを積極的に行っているところも多くなっています。独自のプログラムによる研修期間を設けている場合もあります。岐阜県内の病院・施設でも潜在看護師の需要は多く積極的に受け入れる傾向にあります。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧