【群馬県】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【群馬県】潜在看護師の復職支援の現状

群馬県は、「かかあ天下」が名物のひとつであるといわれるほど、女性が非常にアクティブな地域です。桐生織や養蚕、富岡製糸工場などからも繋がる、女性が働いてお金を稼ぐということに対して、伝統的に抵抗が少ない地域ということもできます。

 

こうした特色をもった地域ですので、潜在看護師の復職につきましても、自然な流れのなかで行うことができるようになっています。復職支援プログラムを導入したり、研修制度を充実させたりして、ブランクがあっても職場復帰しやすい環境を整えている職場自体が多く、子育て中の方でも復帰しやすいように、託児所などを完備した病院も多くあります。

 

また、県内各所の病院が、潜在看護師の方を対象にした、看護師再就職支援講習会を開いています。太田市にある太田総合病院や玉村町にある角田病院などでは、病院独自で定期的に看護師再就職支援講習会を開いており、最新の医療、看護に関する知識やスキルを習得できるようになっています。このような講習会は、前橋市にある群馬大学医学部付属病院をはじめ高崎市、桐生市などの大病院でも開かれています。いくら環境が整っていても、ブランクからいきなり復職するのに不安がある方は、こうした講習会を利用してみるのもよいでしょう。

 

もちろん自治体も、潜在看護師の復職支援に取り組んでいます。群馬県では、潜在看護師の就業を促進するために、ナースセンターへの登録を推進しています。ナースセンターでは、無料の職業紹介事業や看護力再開発講習会などの再就職のための研修、就業相談などを行っています。また、1回240時間に及ぶ訪問看護研修(ステップ1)も行っています。この研修は、質の高い訪問看護師の育成を目指して企画されたものです。ブランク中にこうした研修を利用して新しい知識や技術を獲得し、職場復帰後のキャリアアップやスキルアップにつなげてみてもよいかもしれません。

 

このように群馬県では、官民をあげてさまざまな取り組みが行われており、潜在看護師の復職に適した地域であるということができるでしょう。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧