【北海道】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【北海道】潜在看護師の復職支援の現状

日本全国の多くの地域で、医療に携わる人材の不足が問題になっています。特に地方に行けば行くほど、医療機関そのものの数が少なく、医療体制が整っていない傾向にあります。特に医師や看護師の不足は、今現在働いている医療関係者の労働環境を著しく厳しいものにします。そうした医療に携わる人材不足を解消する1つの対策として、潜在看護師の復職があります。

 

潜在看護師とは、看護師資格を持っていながらも、結婚や出産、家庭の事情などで看護の仕事をやめてしまったり、看護の現場から離れてしまった元看護師たちのことを指します。この潜在看護師は、全国に50万人以上いるとされており、人材不足の医療業界からすれば是非とも復職して欲しい人材であります。しかし、一度医療の現場から離れ、ブランクがあると中々復職しにくい面があります。医療の世界は進歩が早く、患者の命を守るために、知識や技術を常に磨いていかなければならない世界です。そのため、医療業界や自治体が協力して、復職のための支援体制をとっているところがあります。

 

例えば、土地の広さの割りに病院が少ない北海道などでは、人口が最も多い札幌市にある道都病院や勤医協中央病院、新札幌恵愛会病院などで、定期的に看護師再就職セミナーや復職支援セミナーを実施しています。他にも、中川郡にある十勝の杜病院や河東郡にある北海道立緑ヶ丘病院などでも行われています。数日間かけて行う場合や、短時間を複数回に分けて行う研修など、病院によって開催方法は様々です。ブランクを埋めるためには、実技を初めとした実習を行うことが一番です。

 

家庭の事情が解決したり、育児がひと段落するなどの他、空いた時間を利用してパートやアルバイトなど、看護師としての技能を生かすチャンスがあります。ブランクで悩む場合は、上記のような病院で研修をすることで、技術を磨くことも可能です。医療業界の人材不足解消のためにも、潜在看護師の復帰を願うものです。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧