【茨城県】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【茨城県】潜在看護師の復職支援の現状

茨城県でも全国の他の地域と同様に看護師は慢性的に不足している状態が続いています。しかし、県内には看護師資格を持ちながら現場では働いていない潜在看護師が多く存在しています。その多くは、結婚や出産のために退職をした人たちで、過去には現場での経験をたくさん積んできたキャリアの持ち主です。問題を解決するためには、こうした潜在看護師が再就職をすることが大切です。

 

茨城県では潜在看護師の復職を支援する事業として、「看護職員人材確保支援事業」を実施しています。医療技術の進歩はめざましいために、ブランクの間にも新しい技術は次々に導入されています。そのために、ブランクからの復職を推進するためには、すぐに現場で仕事ができるように研修を行うことが大切です。茨城県では、未就業の潜在看護師を雇用し、復職のための職場復帰研修業務の受託を希望し、看護師のライフ・ワーク・バランスに配慮した勤務制度があり、研修指導者が確保できる県内の病院等が登録を申請し受け入れ病院の確保に勤めています。

 

そして、ブランクからの復職を希望する看護師を募集し、掘り起こし、求職の受付と病院等とのマッチングを行っています。応募できる潜在看護師は、看護師、保健師、助産師、准看護師の資格取得者で、離職してより2年以上が経過し、正規職員の2分の1以上勤務が可能で職場復帰研修終了後も引き続き勤務することが見込まれる者となっています。この委託事業のために必要な人件費や事務費などの軽費の一部は茨城県より病院に支払われます。

 

医療機関にとっても有効な支援制度ですが、復職を希望する看護師にとっても、より現場への復帰の足がかりになる制度です。人の命を預かる職場だけに、ブランクの間の進歩した新しい技術についての知識や、過去に習得した技術の復習は重要です。よりよい医療を実施していくためには、このような制度はたいへん重要です。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧