潜在看護師が復職する際の面接対策

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師が復職する際の面接対策

職場で採用してもらう時に、最終決定を下すのは通常面接となっていますが、現在では書類選考である程度人数を絞り、更に筆記試験や適性検査などを行ってから面接を行うという職場もあります。

 

もちろん面接のみという職場もあるのですが、面接が無い職場というのはまずありませんし、潜在看護師の場合であればかなり面接は重要視されています。

 

そこで面接を行う前には、しっかりと面接の対策をしておく事が重要になるのですが、面接対策としては何を行っておくべきなのでしょうか。

 

まずは面接官が実際にどのような事をポイントとして採用しているのかを知っておき、面接のポイントごとに対策を行っておくべきなのですが、面接官をした事が無いからわからないという人は、インターネットで簡単に調べる事ができる為、面接官が重要視しているポイントごとに対策を練っておきましょう。

 

面接官が重要視しているポイントとは、服装や言葉遣い、そして質問に対してどのように答えるかという点なのですが、面接では基本的によく聞かれる質問があるので、よく聞かれる質問に対しては、すぐに答えられるようにしておく事が重要です。

 

よく聞かれる質問とは、前の職場はなぜ辞めたのか、復職先としてなぜこの職場を選んだのかという点ですが、もちろん面接を受ける職場によって質問内容は変わる為、万全の対策を立てておくのは難しいでしょう。

 

更に看護師の場合には、面接の際に小論文を書くように言われる事もあるのですが、小論文の対策も立てておくべきですし、特に求人案内で小論文ありなどと書かれている場合には、必ず小論文を欠かされるので、小論文の対策もしておくべきでしょう。

 

小論文の対策で注意するべき点は、作文にならないようにする事と、文章がテーマに沿った内容になっているか、そして誤字脱字が無いかという点は特に注意しておかなければいけません。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧