【神奈川県】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【神奈川県】潜在看護師の復職支援の現状

看護師不足が日本全国で言われていて、ある部分社会問題化しています。病院での看護師の離職率はとても高く、離職した後なかなか現場に復職しない看護師(潜在看護師)も増えています。これは神奈川県でも同様であり、潜在看護師の復職をサポートする復職支援セミナーや研修会・講習会が神奈川県でも広がっているようです。

 

神奈川県での潜在看護師の復職支援の取り組みは、看護短期大学、医療機関、神奈川権看護協会など様々な所で行われています。ある調査によると、潜在看護師が復職に踏み切れない大きな理由として「目まぐるしい看護・医療技術の変化」が一番に挙げられるそうです。看護師が離職する理由はいろいろありますが、一番多いのが「出産・子育て」ということなのですね。出産・子育てでは否応なくブランクが生まれてしまいます。

 

このような状況にある神奈川県の看護師の声に耳を傾けると、「長い期間のブランクがあって最近の医療についていけるかどうか不安」「現場での感覚は戻るのだろうか?」「復職したいけど、体力面ですごく不安」といった意見がかなり多いのです。ある程度の数の看護師求人があったとしても、どうしても躊躇してしまう方々が意外に多いという現実に気づいてしまいます。

 

前述のように、神奈川県では様々な所で潜在看護師を対象とした復職支援事業が展開されています。看護倫理や安全対策、最新の医療・看護の知識を学び、院内見学、および病院での実習を行う復職支援もかなりありますよ。各医療機関、神奈川県看護協会はホームページでその詳細な内容を記載していますので、関心をお持ちの方々は是非一度ホームページを見ていただきたいと思います。復職に前向きな潜在看護師の方々はもちろんですが、復職に迷っている、あるいは復職に消極的な方々も一度このような復職支援セミナーに参加してみませんか。

 

神奈川県の看護師求人を見ていくと、派遣での看護師募集が目に付きます。派遣は3〜6ヶ月程度のものが多いので、期間限定で医療機関に勤務し、現場でのカンや最新の看護・医療の知識・技術を働きながら学んでいくことができます。このような派遣を復職の足がかりにする看護師も多いのですよ。

 

ブランクのある看護師の方々は、復職に際していろいろ悩むことが多いかもしれませんが、支援するような体制は周囲に揃っています。看護師として再び歩きだそうとするあなたを応援してくれるはずです。神奈川県にお住まいの潜在看護師の方々、一歩前へ踏み出してみませんか。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧