結婚して潜在看護師になった方の復職・再就職活動のポイント

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

結婚して潜在看護師になった方の復職・再就職活動のポイント

看護師は女性が多くなっているので、結婚を機に専業主婦となってしまう人もたくさんいるのですが、現在の日本は不景気な時代が続いている為、共働きでなくては生活が苦しいという家庭もたくさんあります。

 

そんな時に頭によぎってくるのがせっかく看護師の資格を取得したのだから、給料がよくなっている看護師の仕事に復職したいという考えなのですが、このように思っている人も当然いるでしょう。

 

結婚して潜在看護師となった後でも、看護師として復職する事は十分可能ですし、看護師は人材が全く足りていない職業というだけではなく、資格を保持していなければ就く事ができない仕事でもあるので、看護師の資格を持っているのというのはかなりの武器になるのです。

 

近年は晩婚が多くなってきているので、看護師として10上経験を積んでから結婚して退職するという人も多くなっているのですが、これだけ経験を積んでいれば、多少ブランクが空いても比較的簡単に就職できるでしょう。

 

しかし、人によっては20代で結婚して退職する人もいるので、そのような人は経験が浅い状態で退職する事になる為、あまりブランクが大きく空いてしまうと、やはり再就職するのが難しくなってしまう事が多くなっています。

 

現在では昔に比べて看護師の再就職が容易になってきてはいるのですが、看護師は人の命に関わる重要な職種なので、やはり誰であっても簡単に採用するという訳にはいかない為、もし他にも経験豊富な人が面接に来ていた場合、当然経験が豊富な方の人を再移用したいと思うのは当然です。

 

結婚後に退職し、経験が浅くてブランクが大きく空いてしまった場合に再就職するには、それなりの対策を練っておく事が重要なので、やはり再就職する前にはどのような方法でもよいので勉強をしておく事や、他にも資格を取るなどの方法が有効的ですし、看護師専門の求人サイトに登録して相談に乗ってもらうのもよいでしょう。

 

可能であればできる限り経験が浅い人はブランクを空けないようにしておく事が大切です。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧