うつ病が原因で潜在看護師になった看護師の復職事例

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

うつ病が原因で潜在看護師になった看護師の復職事例

看護師という仕事はとてもハードですし、看護師同士の人間関係だけではなく、患者との人間関係が悪化してしまう事もあります。

 

特に患者は自分がお金を支払っている為、お金を支払っているから我々病人のお金で医療関係者は給料をもらっているからと傲慢な態度をする人もいるのが現状です。

 

しかも看護師は医師の指示によって動く事も多いので、医師からも責められる事がある為、最も分が悪い立場にいる職業と言えるでしょう。

 

その為、看護師は非常にストレスが溜まりやすくなっていますし、ストレスが原因で退職してしまう人や、うつ病になってしまうような人も実際には存在していますが、看護師の中にはうつ病を治したら、また看護師として復職したい、せっかく看護師の資格を取得したのだから、潜在看護師のままでいたくはないと考えている人もいます。

 

そこで参考にしてほしいのが、実際にうつ病と診断され、うつ病を克服して看護師に復職した人の体験談や復職例なのですが、うつ病を克服するだけでもかなり大変なのに、更に看護師にまで復職するというのはかなり大変な事だと予想できるでしょう。

 

しかし、実際にはうつ病を克服し、看護師に復職したという人はいるので、そのような人の体験談や、どのようにして復職したのかという復職例は大変参考になるのです。

 

では、実際にうつ病になって看護師の職から一時的に離れ、潜在看護師としてうつ病を克服し、その後看護師に復職した人の体験談を見てみると…

■Aさんのケース

 

勤務状態は非常にハードで、残業や夜勤など、変則勤務が続いていた事で、体力的にもまいってきました。

 

しかも新人研修の指導員に任命され、更に仕事が忙しくなっていった事で、不眠や寝ても疲れがとれないといった症状が起き始め、退職して診断してもらった所、うつ病と診断されました。

 

その後は家族と接する機会を増やし、趣味を持つ事や食生活の改善などを行ってうつ病を克服し、現在ではアルバイトの看護師として復職することができました。

 

人によって克服方法は異なりますが、このような体験談を読む事でもかなり参考になります。うつ病になってもおかしくない状況で働いている看護師さんも多いのが現状です。自分の体のシグナルにいち早く気づいて、転職や休職の判断をしなければいけませんね。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧