【三重県】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【三重県】潜在看護師の復職支援の現状

三重県は人口10万人当たりの看護師数が全国平均を下回っており、今後も看護師不足が懸念されている地域の1つです。この問題を解消する手段として、潜在看護師の復職支援に取り組んでいます。

 

三重県での復職支援は、県と三重県看護協会が中心となって実施されています。この制度は、看護師の資格を持っているけれど結婚や出産、育児などを理由に離職し、再度看護師として働きたいという潜在看護師を対象に、無料で研修が受けられるというものです。研修期間は5か月間にわたり、その期間中に講義・演習を10日間、実習を20日間行います。ブランクのある看護師が懸念する現在の看護の動向や技術などに重点を置き、講義だけではなく演習や実習をも組み込んだ内容となっています。

 

県や看護協会が中心となって実施する支援制度以外に、最近では病院で復職支援研修などを実施する場合もあります。研修を行う病院は津市や桑名市、四日市市などの人口が比較的多い地域や、規模の大きな病院に多い傾向があります。病院での復職研修を希望する際には、人口の多い地域や規模の大きな病院に注目すると見つけやすいでしょう。

 

また、研修を実施していなくてもサポート体制を整える病院が増えています。ブランクのある看護師に先輩看護師が付いて仕事を教えたり、交代制で仕事を教えたりすることが多く、現場の仕事を早く覚えることができます。サポート体制以外にも日勤のみで働くことができるようなパート枠の設定や、院内保育園を利用できたり扶養内で勤務できたりと、雇用形態やその他のサービスを利用可能にすることで、家庭や育児とのバランスがとりやすい環境を整えている施設もあります。

 

このように三重県には潜在看護師が復職しやすいパートの求人や、ブランクがある人を歓迎し働きやすい環境を整えている施設の求人が多くあります。また求人案内の多くはブランクがあっても良いかどうかについて明記していて、潜在看護師が仕事を探しやすいという特徴もあります。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧