【宮城県】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【宮城県】潜在看護師の復職支援の現状

宮城県では看護師不足の解消への取り組みとして宮城県看護協会が宮城県受託事業として潜在看護職員復職研修を実施して、資格を持ちながら就業していない潜在看護師の復職を支援しています。看護師は常に不足していながら、多くの潜在看護師が復職への希望をもちながら機会が得られずにいるのが現状です。その理由の大きなものは、ブランクがあることによる不安です。医療の技術や進歩はめざましいので、わずか数年のブランクの間にも、次々と新しい技術が開発され、そのための知識が現場で仕事をするためには必要です。しかし、これを個人で勉強していくのは難しいことです。

 

新潟県で実施している潜在看護師の復職支援のための研修では、最近の看護の知識や技術を習得することが可能で、それによってブランクから職場へ復職することが容易になります。参加資格は、保健師、助産師、看護師、准看護師の資格を有していて就業を希望する人です。講義と演習は宮城県看護協会監護権集センターなどで行われ、実習は県内の各病院で実施されます。講義や演習、そして実習ではこれまでに学んできたことの復習もしながらひとつひとつ確認していくことが可能です。受講料は無料なので負担になることなく、就職の準備をすることができます。

 

宮城県は東日本大震災で大きな被害を受けましたが、現在は復興に向かって着々と進んでおり、看護師の求人も以前と同じように活発になってきています。特に仙台市、名取市、富谷町などは人口が増えつつあり、看護師の需要は増しています。仙台市、気仙沼市、大崎市、石巻市などには大規模な病院が多く、またその他の地域には中小の医療機関がたくさんあります。病床を持たないクリニックなどでは夜勤もなく、残業が少ない病院や休日が多い病院など、いろいろな条件でも選べるだけの求人があります。子育て中の方には託児所完備の病院もあり、また、車での通勤が可能であったり、駅の近くなどの条件でも選べるだけのたくさんの求人があります。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧