【奈良県】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【奈良県】潜在看護師の復職支援の現状

関西圏の中でも看護師の需要に対し、看護師の数が減ってきている奈良県はこれからも看護師の不足数が拡大すると考えられています。特に病院やクリニックといった医療施設ではなく高齢者介護施設や老人ホームといった高齢者を対象とした施設での看護師の人手不足が目立ち始めています。

 

奈良県の看護師求人数は県の中心部である奈良市をみて増加傾向にありますが希望者が集まらないといった現状です。より看護師が働きやすい、就職しやすい環境をつくるために奈良県は様々な取り組みを行ってきました。その取り組みのひとつが潜在看護師の再就業支援です。しかし、実際には看護協会のみの取り組みとなり、実際に再就職する各病院の支援はありませんでした。奈良県のナースセンターと各医療施設がバラバラになっている現状が問題となっています。

 

奈良県のナースセンターでは、看護力再開発講習会が行われ、知識だけでなく実習も行うことでより看護師としての勘を取り戻せる講習会となっています。子育てが忙しく長年復職できなかった看護師やブランクを抱えている人などが参加しています。

 

一方、奈良県内にある各病院でも潜在看護師に対する取り組みは行われています。病院主催の潜在看護師復職説明会など、病院では小さい子供を預けることができる保育所も完備されているのでお母さん看護師も安心して参加することができるでしょう。

 

では、どうして各病院と県のナースセンターが強力しあうことが大事なのかというと、地方圏すべてが当てはまるであろう新卒者の県外流出、職場環境が原因の離職等を防ぐためには県全体での取り組みが必要だからです。各医療機関とナースセンターが協力することにより力を発揮することができ、奈良県の看護師不足を解消することができるのです。

 

これからの奈良県の復職支援に対する課題は、各医療機関とナースセンターが協力していくことにかかっていると言えるでしょう。現状を打破していくためには県全体が取り組まないといけないのですね。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧