【新潟県】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【新潟県】潜在看護師の復職支援の現状

新潟県でも全国の他の地域と同様に看護師は慢性的に不足しています。しかし、資格を持ちながら離職している潜在看護師がたくさんいます。そのうちの多くの人たちは、復職することを希望していながら、ブランクを埋めるための教育の機会に恵まれないために、なかなか復帰できないのが現状です。その人たちに現場にもどってもらうことが、よりよい医療を提供するために不可欠なものになっているために、新潟県看護協会では毎年、看護職員再就職支援講習会を実施しています。

 

研修の目的は、最新の看護の動向や業務に必要な知識や技術を学び、資質を向上して就業を促進することにあります。より多くのブランクのある潜在看護師が受講できるように、県内全域の16の会場で実施されます。講習には「復職支援総合コース」と「知識・技術選択コース」の2つがあり、それぞれ各病院ごとの特徴を活かした講義と実技が行われます。そのために部分的な受講や複数病院での受講も可能になっています。受講料は無料なので、就職を前に負担にはなることはありません。

 

そのほかに新潟県ではハローワークでも潜在看護師のために看護職員再就職支援相談会を実施しています。ナースバンクの職員による相談を予約制で受けることができるので、ブランクがあることによる復職への不安など、個別に相談することができます。

 

新潟県は地方都市のなかでは医療施設がたくさんある地域なので、看護師に求人は多いので、ブランクがあってもキャリアがある人材は就職に有利です。特に人口が多い新潟市には多くの大病院だけでなく小規模なクリニックや医院などがたくさんの医療機関があります。そのために、それぞれの働きたいスタイルを選んでの就職もしやすい地域と言えます。その他の地域でも、中小の医療機関はたくさんあり、夜勤がない職場やパート勤務など、選択肢はたくさんあります。託児所を完備している病院を選べば、子育て中の人も勤務可能です。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧