【岡山県】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【岡山県】潜在看護師の復職支援の現状

岡山県では、各方面で、潜在看護師の復職支援についての積極的な取り組みが行われています。岡山県の復職支援で特徴的なのは、講習会、研修会を中心とした教育制度の充実です。ブランクなどがあり、職場復帰に不安がある方などを対象に、最新の医療知識や技術が習得できるような講習会や研修会が、県内各所で頻繁に開かれています。岡山県は日本最古の庶民を対象とした藩校「閑谷学校」を開校させたという歴史を持つ、人材育成に熱心な土地柄でもあります。こうしたことが、潜在看護師の復職支援にも反映されているのでしょう。

 

岡山県看護協会では、ブランクからの復帰を支援するための研修会、講習会が、頻繁に開かれています。3日間の病院での実習を含む看護技術再開発講習会を開催したり、最新の医療技術や知識を学ぶことができる定例看護技術講習会を毎月開催したりしています。

 

県内各地の病院でも、潜在看護師の職場復帰を支援する講習会が開かれています。岡山市の岡山医療センター、倉敷市の倉敷平成病院、備前市の備前市立吉永病院をはじめ、津山市、笠岡市などで、各病院独自の未就業者看護技術講習会が行われています。特に岡山市や倉敷市では、複数の病院がこうした講習会を開催していて、岡山市の岡山大学病院や倉敷市の玉島中央病院などでは、年に数回こうした講習会が行われています。

 

しかし、いくら講習会や研修を受けても、実際に潜在看護師の復帰を受け入れてくれる職場がなければ、どうしようもありません。その点、岡山県では、復職しやすい職場環境を整えている病院がたくさんあります。特に倉敷市では、24時間利用可能な託児所がある病院や、当直免除、時短勤務が可能な病院といったように、子育て中でも復帰しやすい環境が整っている病院が複数あります。また、岡山市や倉敷市を中心に、教育制度や研修制度、指導体制を充実させることで、ブランクがあっても安心して職場復帰ができるような環境を整えている病院も多くあります。

 

このように、岡山県では、ブランクを埋めるための教育制度をはじめ、潜在看護師の復職支援が充実していますので、そういったものを積極的に利用して、職場復帰に繋げていけばよいのではないでしょうか。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧