【沖縄県】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【沖縄県】潜在看護師の復職支援の現状

九州にある島国で気候が温暖で過ごしやすいことから修学旅行生が訪れる観光地として知られている沖縄県。離島が多数存在しているので医療の分散が問題となっています。

 

沖縄市がある本島は人が多く集まっているため、医療機関も充実しており看護師の求人も多い傾向にあります。しかし、離島の場合は住民が少なく大きい病院はありません。小さな診療所があるのみでそこで働いている医師や看護師の数も限りがあります。

 

沖縄県で看護師の職を見つけるならばまずは沖縄市を中心に探していくと良いでしょう。また、沖縄県は約500人以上の看護師不足と言われており、不足人数を補うために潜在看護師の需要も高まってきています。地域の医療格差をなくすためにも潜在看護師を必要としているのです。

 

結婚・出産を機に現場を離れた看護師さんや1年以上のブランクを持っている看護師の為に医療施設と強力して沖縄県の看護協会は潜在看護師の再就職支援事業を実施しています。研修カリキュラムが組まれ、沖縄県の看護研修センターで講義を受講し、提携している医療機関へ実際に研修を行っていくことになっています。再就職までしっかり面倒をみてくれる点ではとても安心して受講できると思います。

 

支援期間は4ヶ月以内となっているため、4ヶ月間は研修や実習を無料で受講でき、医療機関へ就職するまでサポートを行ってくれます。県全体で潜在看護師の再就職を応援しているので看護師としてまた働きたいと思っている方はとても働きやすい環境となっているに違いないでしょう。子育てと仕事の両立を考えている方でも実際に潜在看護師として子育てをしながら働いている看護師はたくさんいらっしゃいます。今まで潜在看護師の講座を受けてきた方のお話が聞けることもあるかもしれません。積極的に聞きたいことは聞いてみてください。

 

潜在看護師の導入に積極的な医療施設もたくさんあるので就職先も困ることはないでしょう。不安な点があれば看護協会に気軽るに相談することができるので担当者の方とお話をしてみて下さいね。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧