潜在看護師の離職理由で多いのは?

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師の離職理由で多いのは?

●結婚や出産で辞める人が多い
看護師として定年退職までずっと同じ職場で勤務している人もいますが、やはり女性が多いということもあり、途中で退職してしまう人が多くなっています。では、どのような理由で退職する人が多いのかというと、やはり結婚を機に退職する人、出産を機に退職する人が多くなっています。

 

現在では昔に比べて育児休暇や産休が取りやすくなっているのですが、産休は絶対に取らないといけないものの、産休や育児休暇で長期休養すると、周りの目が気になってしまう人が多いですし、あまりよい顔をしない人も実際には多く存在しています。だから結婚や出産を機に退職し、そのまま離職してしまう人が多くなっているのです。

 

●人間関係の悪化が原因
看護師が退職をして潜在看護師となってしまう理由は、結婚や出産だけではなく、人間関係の悪化が理由で辞めてしまう人も多くなっています。患者ともめてしまった、患者に文句を言われてしまった場合には、比較的我慢できる人も多くなっているのですが、上司や同僚、医師など別の職業の人に文句を言われてしまうと、やはり精神的な負担が大きくなり、退職をしてしまう人が多くなるのです。

 

特に近年では人間関係の悪化で精神的な病気に掛かってしまう人もいるので、人間関係の悪化というのは看護師の世界だけではなく、他の職業であっても深刻な問題なのです。

 

●仕事がきつい
看護師は資格を取得して最初に就職することが多いのは病院になっています。病院は研修制度がきちんと整っているのですが、仕事がきつい職場として知られています。そのため、看護師によっては新人研修の時に辞めてしまい、そのまま離職してしまう人もいますし、何年か経ってから仕事のきつさに耐えられないで退職してしまう人もいるのです。

 

看護師の仕事を辞める理由としては、やはり結婚や出産、人間関係の悪化、仕事がきついというのが大きな理由でしょうが、病院や介護施設などではやはり仕事がきついという理由で離職する人が多くなっています。もし復職することを検討しているのであれば、よく情報収集をしてからでないと、またすぐに辞めてしまうことになるでしょう。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧