経験の浅い新人看護師の復職・再就職活動のポイント

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

経験の浅い新人看護師の復職・再就職活動のポイント

潜在看護師であっても、経験が豊富であれば再就職はそれほど難しいものではありませんが、経験が浅い状態でブランクがかなり空いてしまうと、やはり看護師として再就職するのは難しくなってしまうでしょう。

 

それでも看護師として復職したいという潜在看護師の人もいると思うので、経験が浅くてブランクが空いてしまった場合には、どのようにすれば再就職しやすくなるのかという事を解説していきます。

 

経験が浅くても、ブランクがそれほど空いていなければ、再就職はそれほど難しくはありませんが、1年や2年で退職し、10年以上ブランクが空いてしまうという人もいるでしょうから、そんな時にはいきなり正社員として採用してもらうのではなく、アルバイトやパートで採用してもらう事や、できる限り研修制度がきちんと整っている総合病院や救急病院のような大きな病院に就職する事をお勧めします。

 

大きな病院であれば、ブランクが空いていても正社員として採用してくれる場合もあるので、かなり大変ではあっても我慢してしっかりと経験を積んでおく事が大切です。

 

更には潜在看護師となっている時に、自分で本を購入して勉強するという事もできますし、通信教育でも現在では看護師の勉強をする事が可能になっているので、通信教育を利用するのもよいでしょう。

 

また、日本全国では看護師のセミナーなども行われているので、セミナーに参加しておくという方法もありますが、このように努力をしている事を面接の時にしっかりとアピールしておく事も大切です。

 

可能であれば看護師の仕事をする時に役立つ資格を取得しておくという手段もあるのですが、最も役に立つのが資格なので、資格を持っていればきちんと勉強していたという証明にもなる為、可能な限り努力をしておけば、経験が少なくブランクが空いてしまっても就職できる確率は高くなるでしょう。

 

もしくはブランクを空けないように、時々短期アルバイトや単発のアルバイトをこなしておくという方法も有効的です。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧