ブランクがある潜在看護師が復職するときの履歴書の書き方

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

ブランクがある潜在看護師が復職するときの履歴書の書き方

看護師になる為には、当然看護師資格を取得してから、看護師の募集を行っている求人に応募しなくてはいけませんが、ここまでは看護師の資格以外、全て一般の会社と変わりありません。

 

そして応募した後には必ず面接に行くのが当たり前なのですが、面接に行く時には必ず履歴書が必要になりますし、近年では書類選考を最初に行うような職場も増えてきているので、書類選考の時にはまず履歴書を送るという作業を行います。

 

その為、履歴書は非常に重要になってくる書類なのですが、人によっては毎回書類選考で落とされると悩んでいる人もいると思います。

 

そこで、看護師として採用してもらう為には、どのような履歴書の書き方をすればよいのか簡単に紹介していきますが、基本的な事は看護師であっても、一般的な仕事であっても変わりません。

 

まずは丁寧な字で書く事、略字や読みにくい書き方ではなく、楷書で訳さずにきちんと描く事、履歴書は絶対に空欄を作ってはいけない事などが基本なのですが、多くの人が履歴書を書く時に迷うのが志望動機や自己アピールなどです。

 

しかし、書類選考を行う担当者が見ているのは、志望動機や自己アピールだけではなく、履歴書全てを見ているので、ただ名前や住所、職歴や資格の有無を記入すればよいという訳ではありません。

 

更には郵送する場合、郵送する封書にまで注意を払っている担当者もいるので、書類選考が行われる場合は特に注意すると共に、最後まで丁寧に書く事が履歴書を書く上では必須なのです。

 

当然最も担当者が注意深く見ているのが、志望動機や自己アピールなのですが、特に看護師としてずっと仕事をしてきた訳ではなく、子育てなどの理由でブランクが空いてしまい、潜在看護師となっている状態で応募する時には、書き方にも注意するべき事があります。

 

それはなぜブランクを空けてしまったのかという事ですが、できるだけわかりやすく短くまとめて書く事が重要になってきますし、理由が書かれているのと書かれていないのとでは大きく結果が変わってきます。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧