潜在看護師 再就職

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師の最就職活動で気をつけたいこと

潜在看護師が再就職をする際に、気をつけなければいけないことをまとめていきます。自分では大丈夫だと思っていても、気づいていないことはたくさんあるので再確認しておいてください。

 

再就職するときに、それまでとまったく同じ待遇を期待しないでください。それまで積み上げてきたものは大切ですが、ブランクがあるという事実から目を背けないでください。最初から同じことをしようとするのではなく、働きながらブランクを取り戻せるような仕事を探してみましょう。また給与面でも、あまり高望みしすぎるとなかなか仕事は見つかりません。

 

職場が潜在看護師に対して理解のある病院を選ぶことも大切です。たとえば子育てが原因でしばらく看護師をやめていた人が復職する場合、それは子どもがある程度大きくなったことが理由になります。しかしそれでいきなり夜勤のある仕事ができるのかというと、そうではない場合がほとんどです。もちろんそれでも大丈夫な人はいますが、勤務形態にある程度余裕があるところを選んでみてはいかがでしょうか。働きはじめてから、予想以上に問題が見つかったということがないようにしましょう。

 

潜在看護師が再就職するときには、気をつけなければいけないことがたくさんあります。前と同じだから大丈夫という考え方は、一番危険です。今の自分には何がどこまでできるのかというラインを見誤らないでください。それができているのなら、ほどよい環境での条件が見えてくるはずです。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧