【埼玉県】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【埼玉県】潜在看護師の復職支援の現状

埼玉県における看護師の現状などを考えてみましょう。医療においては、様々な専門職の方々が役割を分担して医師と協力していくこと、これがが各々の負担の軽減に繋がると言われています。埼玉県では、医療において重要な役目を果たす看護師の数が絶対的に不足しています。さらに、少子化(18歳以下の人口減少)などを考えると、新たな看護師育成には限界があると言われ、現在働いている看護師の病院定着率のUPとともに、看護師資格を持ちながら働いていない潜在看護師への復職支援がとても重要になっています。

 

埼玉県での潜在看護師は3万3千人ほどいるようですが、看護師が離職する理由として「出産・育児のため」ということがトップにきています。このような方々が現場に復帰するには「ブランクの解消」「勤務時間中の育児」「労働時間の考慮」など、様々な物事を考えねばなりません。埼玉県では平成18年度からブランクのある看護師を対象にした講習会などを行い、潜在看護師の現場復帰のための支援が広がっているようです。また、病院も各々復職支援プログラムを用意し、該当病院に復帰を望む看護師に対して、即現場に対応できるような講習・実習を用意しています。埼玉県看護協会でも潜在看護師に対するセミナーなどの案内を行い、復職に関する相談も扱っていますね。

 

比較的短いブランクの方は復職しやすいのかもしれませんが、ブランクが長ければ長いほど、不安が出てくるものです。これは看護師に限ったことではありませんが、特に高い専門性が要求される看護師では「ブランクがある私に最新の医療・看護についていけるのだろうか?」という不安がどうしても大きくなってしまいますよね?このような不安を解消するために復職支援での講習会や実習があるわけです。

 

埼玉県の看護師求人を見ても、中途採用を前提とした求人が多く、看護師各々の生活サイクルを考慮できるパート勤務での採用もとても多いようです。また、最近は託児所を設置している医療機関の求人も目立っていて、子育て中の看護師でも安心して働けるよう採用側もいろいろ努力しているようですね。復職ではいろいろ問題もあるかと思いますが、病院・自治体・看護協会などが実施している講習会・研修会を利用して、まず一歩踏み出してみませんか。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧