【栃木県】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【栃木県】潜在看護師の復職支援の現状

全国的に看護師不足が叫ばれていますが、栃木県もその例外ではありません。特に栃木県では、看護師の慢性的な不足に対して、現場サイドが強い危機感をもっています。栃木県の医療現場では、免許をもっているにもかかわらず子育てなどさまざまな理由で職場を離れている潜在看護師に対して、戦力としての強い期待をもっていますので、ブランクがある看護師の復職に対してさまざまな支援を展開しています。

 

栃木市にあります下都賀総合病院では、研修制度や指導体制を充実させたり、託児所を完備するなど職場環境を整えたりして、潜在看護師の復職を積極的に応援しています。また宇都宮市の宇都宮東病院では、日勤のみの非常勤の募集をおこなっています。支援の仕方は各職場によりさまざまですが、鹿沼市、小山市、足利市、那須塩原市をはじめ県内各地で、未経験者でも積極的に受け入れたり、残業を少なくし働きやすい環境を作ったりと、復帰しやすい環境作りの工夫を行っている病院があります。

 

こうした現場の取り組みに呼応するように、県内では、各方面においても潜在看護師の復職支援に取り組んでいます。栃木県看護協会では、ナースバンク事業(看護師等無料職業紹介所)や看護職員再就業支援研修、各種技能、知識が習得できるような研修などを行ってブランクからの復職を支援しています。また県も、看護協会(ナースセンター)と医療現場、ブランクがある看護師を結びつけ職場復帰につなげる「看バック!再就業応援プログラム事業」を展開して、復帰をバックアップしています。また、栃木県医師会も、潜在看護師再就業モデル事業に参加して、こうした支援に積極的に取り組んでいますし、介護や医療に携わる民間企業でも、看護職員再就業支援研修を小山市で開いています。

 

このように、栃木県では、さまざまな方面から潜在看護師の復職支援が行われています。ですので、ブランクがあるから復帰ができるかどうかとあれこれ悩んでいるよりも、少しでも早い実際の職場への復帰に向けて、まずは一歩を踏み出してみるとよいのではないでしょうか。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧