【東京都】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

【東京都】潜在看護師の復職支援の現状

潜在看護師という言葉は看護師であるみなさんはご存知だと思います。現に、潜在看護師状態にある方もいるのではないでしょうか?ここでは東京都における潜在看護師の現状などを考えていきますが、都内にどれくらいの潜在看護師がいるのか、あなたはご存知ですか?東京都内の潜在看護師の数はおよそ5万人と言われているのですよ。これは予想以上の数ですね。また、看護師不足が様々な医療現場・介護現場で言われていることもみなさんご存じですよね?この看護師不足の要因のひとつが潜在看護師の多さということになります。

 

潜在看護師の多くは復職を望んでいますが、なかなか思い通りにいかないケースもあるようですね。問題になるのは、ブランクを持った看護師が復職しようと考えた場合、「日進月歩で進歩する医療についていけるのか?」という不安を抱えてしまうことにあるようです。東京都での看護師求人数はかなりの数に上っていますが、求人を目の前にしても躊躇してしまう潜在看護師が多いという現実があります。

 

東京都では、自治体や医療機関などが潜在看護師を対象にした様々な復職支援セミナー・復職支援プログラムを行っていて、潜在看護師がスムーズに現場に復帰できるような状況を作るべく努力しています。潜在看護師の職場への復帰は看護師不足解消の足がかりになりますので、様々な復職支援事業が展開されているということなのです。

 

例えば、医療機関の一例として東大病院が行なっている復職支援プログラムは良い例でしょう。東京大学医学部付属病院は2007年から看護師専門の人材派遣会と提携して、潜在看護師の復職支援の取り組みを開始しています。研修は実習をメインとする内容で、研修で学んだことを即臨床現場で活かせるようなプログラムになっています。担当する講師陣も現場の専門看護師や各分野の専門医師なので、東京でブランクのある看護師はこのような復職支援プログラムを利用するのもいいのではないでしょうか。また、自治体も地域の身近な病院で、離職期間や就業希望先に応じた復職相談、および研修を行う看護職員地域確保支援事業を実施しています。

 

ブランク期間が長く、現場復帰に消極的になってしまいがちな東京都の潜在看護師の方々は、都内で行われている様々な復職支援セミナーなどを活用してください。研修を受けることによって「再び看護師として働きたいという気持ちが大きくなった」という潜在看護師はとても多いです。あなたが再び看護師としての歩みを始めますよう、祈っていますよ。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧