潜在看護師の復職先探し「CRA・CRC(治験業界)」編

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師の復職先探し「CRA・CRC(治験業界)」編

治験業界と言ってもいろいろな種類があるので、まずは復職する前にきちんとどのような仕事をしているのか理解してからでないと再就職は難しいでしょう。治験関連の場合には、よくアルファベットで表すことが多くなっているのですが、SMOというのは治験施設支援機関、CROというのが臨床試験受託機関、CRCというのは治験コーディネーター、CRAというのが臨床開発モニターという意味になります。

 

どこでも看護師の募集を行っているというわけではないので、一般的に看護師の募集を行っている治験業界というのは、CRAと呼ばれている臨床開発モニターと、CRCと呼ばれている治験コーディネーターです。ちなみにCRCは治験モニターと呼ばれている治験に協力している人の対応やサポートをする人であり、CRAは医療機関を訪問して治験の打診やデータ収集などを行うのが主な仕事となります。

 

よって治験業界で勤務する看護師というのは、CRAとCRCになることがわかったでしょうが、やはり治験業界で勤務したいと考えるのであれば、ある程度は自分自身で勉強しておかないと、面接でどのような仕事なのか知っていますかと聞かれても答えられません。簡単でもよいのである程度知っていれば、自分である程度勉強していると思われ、好印象を与えることができるでしょう。

 

不安がある方は、まず、研修会などに参加してみる

治験の仕事をしたいと希望する場合、潜在看護師の場合にはブランクが空いてしまうので、再就職できるのか心配になってしまう人もいるでしょう。実際治験業界にはブランクがあっても復職することができるのでしょうか。

 

問題なのはどのぐらいブランクが空いているか、そして潜在看護師となる前にはどれぐらい経験があるのか、どのような仕事をしていたのかによって変わってきます。やはりブランクの期間よりも経験数の方が多いのが理想です。現在ではセミナーや研修会などもあるので、1度受けてから再就職するという方法を取れば、当然採用してもらえる確率も上がるでしょう。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧