潜在看護師の復職先探し「クリニック(一般診療科目)」編

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師の復職先探し「クリニック(一般診療科目)」編

潜在看護師としてブランクが長くなってしまった場合には、どのような職場に復職するのかをとても悩んでしまうことが多いのですが、クリニックに復職したいと考えたときには、どの診療科がおすすめなのでしょうか。クリニックはどこも少人数の看護師しか勤務していないので、それほど充実した指導をしてもらえるわけではありません。よって以前勤務していた診療科がベストでしょう。

 

以前は病院の外来で内科を担当していたという場合であれば、内科のクリニックを選ぶのがよいですし、以前は皮膚科クリニックで勤務していたという場合であれば、再び皮膚科を選んで勤務するのが無難です。もちろん他の診療科に変えても問題はないのですが、あまりブランクが長いとやはり採用する方も不安になってしまう場合があります。

 

そのため、アルバイトで短期間でも以前勤務していた事がある職場に復職し、潜在看護師として過ごしてきた時間を取り戻してから再就職を考えるという方法がよいでしょう。まずはブランクを取り戻すために就職することを最優先させないと、看護師の仕事をすることもできなくなってしまいます。

 

過去の経験を活かせる職場を選ぶ

大半の看護師は病院で勤務していた経験があると思いますが、中には病院ではなく、別の職場しか経験したことがないという人もいるでしょう。そんな時にはどの診療科に復職するのがよいのでしょうか。まずは以前の仕事内容を見直してみることから始めるべきですが、介護施設で勤務していた経験があるのなら、内科のクリニックがおすすめです。

 

なぜなら介護施設で看護師が行う仕事は、病棟や内科で行う仕事によく似ていますし、内科のクリニックも高齢者の患者が多くなっているからです。このように以前勤務していた仕事に似ている診療科を探して就職すれば、多少ブランクがあっても採用してもらえる確率は上がりますし、似たような仕事もしたことがないと、やはり不採用になってしまう可能性が高くなります。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧