潜在看護師の復職先探し「企業内医務室(産業看護師)」編

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師の復職先探し「企業内医務室(産業看護師)」編

民間企業で働く看護師と言って思い浮かぶのは、やはり企業内医務室での仕事でしょうが、企業内医務室というのは看護師が1人や2人で勤務することが多くなっているので、ある程度経験がないと採用してもらえないことが多くなっています。しかし、ブランクが空いてしまった人の場合には、潜在看護師となる前に割と長く看護師の仕事をしていたという人もいるでしょう。

 

それでブランクがそれほど長くない状態であれば、企業内医務室に勤務する看護師として復職することは十分に可能です。簡単に言えば、指導する人がいなくても仕事をこなせれば問題ないのですが、最悪なのは医療機器がどこにあるのか誰もわからないという状況になっていないかという点です。このような状況にならないための対策をやはり知っておく必要があります。

 

その対策は、面接のときにきちんと引き継ぎを行うことができるのかを聞いておくこと、可能であれば職場を見せてもらうこと、会社の評判を調べておくことが大切です。他の職場のように、短期アルバイトや単発アルバイトで仕事ができればよいのですが、ほとんど短期アルバイトや単発アルバイトの求人は出ていないので、試しに再就職するという方法は難しくなっています。

 

採用率アップのために関連資格の取得もおすすめ

潜在看護師は皆経験が豊富というわけではなく、人によってはあまり経験がない上に、ブランクの方が長くなっているという人もいるでしょう。このような場合にも、企業内看護師として復職や再就職ができるのでしょうか。企業内看護師の求人は人気があるので、このままでは当然不採用となってしまう確率が高いのですが、このような時に役立つのが資格です。

 

企業内医務室で勤務するのに役立つ資格は比較的多くなっているので、再就職する前にどれか1つだけでも資格を取得しておくことで、他の人より有利に就職できるでしょう。ただし、他の人も考えていることは同じという場合もあるので、取得が難しい資格を取ることをおすすめします。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧