潜在看護師の復職先探し「健診機関(健診センター・人間ドック専門施設)」編

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師の復職先探し「健診機関(健診センター・人間ドック専門施設)」編

健診機関へ潜在看護師が復職をする場合、ある程度経験があれば採用してもらいやすい傾向にあります。健診機関では看護師としての医療知識があれば十分勤まりますし、現在では採血を行わない求人というのも出ているので、採血が苦手であっても十分再就職することが可能になっているのです。

 

しかも健診機関は比較的求人の数が多くなっていますし、非常勤の求人も多くなっているので、中には常勤で就職する場合にはある程度経験があってブランクが開いていると厳しい職場があっても、非常勤であれば問題なく採用してくれるという場合もあります。健診機関にもいろいろな仕事があるので、中には比較的簡単にできるような検査もあります。

 

もちろん取り扱いが難しい医療機器もあるのですが、いきなり1人で任されるということはありませんし、最初は誰でも簡単な検査から任されるので、それほど看護師としての技術が必要になってくるというわけではありません。よって潜在看護師としての期間が長くなってしまったという人に、健診機関は向いている仕事といえるのです。

 

変化が少ない職場なので、刺激ややりがいを求める人には不向き

健診機関は1日中同じ検査をずっと行っているという特徴があるので、多少向き不向きがある仕事だと言えるのですが、1つのことに長時間集中できる人にとっては向いている仕事だと言えるでしょう。逆にすぐ飽きてしまうような人は、あまり向いていないと言えるので、自分はどのようなタイプなのかを検討し、向いていると思ったら健診機関の求人に応募してみましょう。

 

ブランクがある程度長くても、多少の経験があれば採用してくれることも多いですし、いろいろな雇用形態で求人を出しているので、わりと自由度の高い仕事だと言えます。いきなり復職して本格的に働くのは抵抗があるという人であっても、短期アルバイトや単発アルバイトという働き方もありますし、中には週に2日以上勤務すれば問題ないという求人も出ています。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧