潜在看護師の復職先探し「週2〜3勤務のパートタイムから始める」編

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師の復職先探し「週2〜3勤務のパートタイムから始める」編

看護師の勤務先にはパートタイムで求人を出していることもあるのですが、もちろん全ての職場でパートタイムの求人を出しているわけではありません。では、どのような職場でパートタイムの求人を出しているのでしょうか。やはり病院や保育園、介護施設や健診機関などが多くなっている傾向にありますし、時期によっても求人の数は変わってくるので、パートタイムで勤務するのであれば、よく求人をチェックしておきましょう。

 

パートタイムにはいろいろな条件があるのですが、特に多くなっているのは勤務日を選ぶことができる場合です。中には勤務時間をいくつかの候補の中から選択することができる場合もあるのですが、やはり勤務日を選ぶことができる求人が多くなっています。しかもブランクが長く、経験が浅くても採用してもらえる確率が高いので、復職する時にはパートタイムというのも1つの方法でしょう。

 

週2〜3日の勤務で徐々に体を慣らしていくことができる

パートタイムのメリットは、1週間で勤務日よりも休みの方が多いという働き方が可能なことなのですが、看護師でもこのような週2回や3回のみの勤務が可能という求人が出ているのでしょうか。数はある程度限られてしまいますが、実際には存在しています。

 

特に潜在看護師としての期間が長く、いきなり常勤で週5日勤務するのは体力的にも精神的にも辛いと考えている人もいるでしょう。そんな時には週2回や3回という条件で勤務した方が、体力的にも精神的にも負担が少なくて済むのでおすすめです。

 

このような求人は潜在看護師が復職する場合や、再就職する場合に適しているだけではなく、子育てをしながら働きたいという人にも適している職場となっているので、実際には子育てをしながら勤務しているという人が多くなっています。特に週2回の勤務であれば、夫が平日に仕事をして自分が子育てを行い、夫が休みのときに看護師の仕事をするという方法も取れるので、とてもうれしい求人と言えるでしょう。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧