潜在看護師の復職先探し「紹介予定派遣から始める」編

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師の復職先探し「紹介予定派遣から始める」編

派遣にもいろいろと種類があり、一般的な派遣というのは派遣会社に登録をして、登録をした派遣会社が仕事探しをしてくれるというシステムですが、一般的な派遣の場合、看護師の職場への勤務は一部制限されてしまっているため、どこの職場でも派遣できるというわけではありません。それに対して紹介予定派遣であれば、看護師が勤務する職場であれば大半の職場で働くことが可能となっています。

 

そのため、紹介予定派遣であれば、復職する時には最も採用してもらいやすい病院で勤務することも可能となっています。病院であればブランクがかなり空いていても採用してもらえる確率も高いですし、経験が少なくても採用してもらいやすいので、潜在看護師としての期間が長い場合には、やはり病院が最もおすすめできます。

 

即戦力が求められる「クリニック」でも紹介予定派遣ならハードルが下がる

ブランクがある方や新人看護師にはハードルが高いと言われているクリニックの場合でも、紹介予定派遣の求人となると若干ハードルが低くなります。

 

選べる診療科目が多いので、過去に経験したことがある科を選べるというメリットもあります。

 

珍しい職種にもチャレンジできる

倍率が高い職場であっても、紹介予定派遣であれば、ある程度ブランクが空いていても採用してくれる可能性は高くなっています。しかも、自分には向いていないと判断すれば、正職員になるのを断って、また別の職場に再就職することも可能です。

 

特に、産業看護師や保育園ナース、大学医務室などのイメージが湧きにくい珍しい職種への復職を希望している方は、採用されやすさだけではなく、自分とその仕事の適正を判断する上でも有効な雇用形態といえます。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧