潜在看護師の復職先探し「大学の保健室・保健管理センター」編

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師の復職先探し「大学の保健室・保健管理センター」編

大学には一般的な小学校や中学校にもある保健室と、診療所のような保健管理センターが設置されている場合があるのですが、当然保健室勤務になれば、1人で勤務するか、多くても2人で勤務するのが一般的であるため、ブランク明けにいきなり復職するのは難しいでしょう。ただし、潜在看護師としての期間が短く、ある程度経験が長ければ十分可能です。

 

基本的に1人や2人と言った少人数で勤務する職場の場合には、ブランク明けにいきなり勤務するのは厳しくなっているので、比較的多くの看護師が勤務するような職場や、研修制度がきちんと整えられている職場で勤務する方が確実に復職できるでしょう。大学の保健室に勤務している看護師の多くは、ある程度経験を積んでから普通に転職をしている人が多くなっています。

 

保健管理センターであれば勤務できる可能性が高い

1人や2人で勤務するのが一般的な大学の保健室に対して、保健管理センターであれば、通常は複数で勤務するようになっているので、ブランク明けでも十分採用してもらえる可能性もあるでしょう。ただし、あまりにも潜在看護師としての期間が長く、経験が浅い場合には難しくなるので、大体経験が5年以上、ブランクが10年以下でないと厳しいかもしれません。

 

保健管理センターでは看護師だけではなく、医師や保健師、臨床心理士なども勤務していることが多いので、他の職業の人との連携やコミュニケーションも必要になってきますし、基本的に看護師は医師の補助となっているので、保健室のように応急処置を全て自分で行うというわけではありません。

 

だからある程度ブランクがあっても再就職できる可能性は高いのですが、大学によって看護師が勤務している人数が変わってくるのが一般的です。特にブランクがある程度長い場合や、経験が十分ではない場合には、できる限り多くの医療関係者、多くの看護師が勤務している大学を選んで就職することをおすすめします。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧