潜在看護師の復職先探し「美容整形外科・美容皮膚科クリニック」編

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師の復職先探し「美容整形外科・美容皮膚科クリニック」編

現在日本には多数のクリニックがあるのですが、診療科によって復職しやすい職場と、あまりブランクが空いてしまうと復職するのが難しくなってしまう職場があります。美容外科や美容皮膚科は比較的ブランクが長くても採用してもらいやすい方に分類されるクリニックなのですが、なぜ美容外科や美容皮膚科は復職しやすいのでしょうか。

 

一般的な診療科の場合には、看護師であっても多少の医療行為を行わなくてはいけなくなる場合があります。例えば採血や血圧測定などの簡単な検査、さらには患者に現在の症状や予防法、注意点などを説明しなくてはいけなくなる場合があるのですが、美容外科や美容皮膚科は基本的に病気やケガの治療を行う医療機関ではありません。

 

だからブランクがある程度空いていても、経験が浅くても採用してもらえる確率が高いのですが、現在美容外科や美容皮膚科は日本国内で数が増えている傾向にあります。しかも比較的給料が高くなっていることが多いですし、駅から近い場所に多く存在しているので、通勤にも便利というメリットがあるのです。

 

看護師以外の仕事も多い

潜在看護師として長期間現場から離れていた期間が長い看護師であっても、比較的採用してもらいやすい美容外科や美容皮膚科ですが、1日中看護師らしい仕事をしているというわけではありません。基本的な仕事は医師の補助やカウンセリングなどが多くなるのですが、受付や美容製品の販売なども仕事に含まれているのが一般的です。

 

受付に関してはどこのクリニックでも仕事内容に含まれているのですが、美容製品の販売を仕事に含めているのは、美容外科や美容皮膚科ぐらいでしょう。歯科医院などでもよく歯ブラシなどを販売しているのですが、セールスをする必要はありません。それに対して美容外科や美容皮膚科の場合には、必ずセールスを行わなければいけない場合も多いですし、ノルマを設けているようなクリニックも存在しているので、よく求人票を読んでから再就職しましょう。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧