潜在看護師の復職先探し「病院(外来勤務)」編

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師の復職先探し「病院(外来勤務)」編

潜在看護師が復職をするのに最も適しているのはやはり病院でしょう。なぜなら病院というのは、新卒の看護師が多数就職するので、研修制度がしっかりと整っていることや、看護師不足が深刻な状態であるため、常に求人募集を行っているからです。そんな病院は大きく分けると2つの部署に分けられることは知っているでしょうが、今回は外来勤務について見ていきたいと思います。

 

外来勤務はクリニックに勤務しているのと同じような感じの職場になっていて、看護師は医師の補助や受付を中心に行っています。受付と言っても医療事務のような受付ではなく、患者の案内などを行う受付です。しかもクリニックより就職しやすくなっているので、もし今後クリニックで勤務したいと考えているのであれば、まず病院の外来で勤務してから再就職するという方法もおすすめできます。

 

しかも病院であれば募集人数も多いですし、学べることも多くなっているので、ブランクがかなり長くなってしまったという人にはかなりよい勉強ができるでしょう。さらに患者数も多くなっているので、どのような対応をするべきかという勉強もできます。

 

残業や夜勤が少ないというメリット

長い間潜在看護師として現場から遠ざかっていた場合には、体力的にもいきなり本格的に仕事をするのは厳しい場合があります。病棟勤務の場合には必ず残業や夜勤があるのですが、残業や夜勤はかなり体力的にもきつくなっています。しかし、外来であれば残業も少ないですし、夜間外来を除けば特に夜勤をする必要がない場合もあるので、このような点を見てもブランクの長い看護師向けと言えるでしょう。

 

しかも常勤として勤務するだけではなく、非常勤として勤務できる求人が出ていることもあるので、いろいろな働き方ができる職場でもあるのです。中には診療が午前中だけという病院もあるので、このような病院では午前中のみで帰ることができるアルバイトの求人が出ている場合もあるため、復職する職場としては恵まれています。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧