潜在看護師の復職先探し「病院(病棟勤務)」編

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師の復職先探し「病院(病棟勤務)」編

病院には外来勤務と病棟勤務があるのですが、現在看護師が最も不足している現場と言われているのが病院の病棟です。しかも新人看護師の多くはまず病棟勤務を行ってから外来に移る場合が一般的なので、病棟勤務というのは看護師として基本的な技術や知識を学ぶ職場でもあるのです。

 

しかし、残業や夜勤が多くなっていることもあり、かなり厳しい職場とも言われていることから、すぐに辞めてしまう人も多くなっています。もちろん看護師不足をそのまま放置していてはいけませんので、いろいろな雇用形態で求人を出し、護師不足を少しでも解消しようと努力しているのです。

 

よって潜在看護師が最も復職しやすい職場となっていることは間違いありませんし、非常勤であれば夜勤や残業を行わなくて済む職場も現在では増えています。中には夜勤専従看護師の求人も出ているので、ローテーション制で不規則な勤務になるのは嫌だけれど、毎日夜勤であれば問題ないという人は、夜勤専従看護師という形で働くこともできるのです。

 

経験やブランクの長さを気にすることなく復職が可能

病院であれば外来勤務でも比較的採用してもらいやすいですし、ブランクが長くてもそれほど問題はないのですが、病棟勤務であればよほど酷い面接をしない限り、不採用となることはないでしょう。よって経験年数やブランクの長さはほとんど気にする必要はありませんが、気にするべきことは待遇と勤務形態です。やはり待遇は病院によって変わってきますし、勤務形態も多数あるので、まずはどのような形で勤務するのかを決めておきましょう。

 

簡単に見ても、常勤やアルバイト、パートや派遣、短期アルバイトに単発アルバイト、夜勤専従や日勤専従などがあるので、勤務形態を決めてから求人を絞った方が手間も省けて一石二鳥です。待遇は当然よいことに越したことはありませんが、給料が高い職場はそれだけ厳しいのが一般的なので、仕事内容にもきちんと目を通してから再就職を決めるようにしましょう。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧