潜在看護師の復職先探し「有料老人ホーム・特別養護老人ホーム」編

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧

潜在看護師の復職先探し「有料老人ホーム・特別養護老人ホーム」編

現在日本は少子高齢化社会と言われていて、若い人よりも高齢者の方が圧倒的に多くなっていますが、高齢者が多いということは、老人ホームのような養護施設が多数必要ということを意味しています。しかも老人ホームなどでも現在は看護師不足となっているので、常時看護師を募集していることもありますし、未経験者歓迎と書かれた求人を見かけることもあります。

 

当然主な仕事内容は、高齢者の看護が中心になるので、同じように入院患者の看護を行っている病院の病棟勤務経験がある人にとっては最適な復職先と言っても過言ではありません。最近の老人ホームでは、研修制度を設けている場合もありますし、ブランクが長くても採用してくれる場合が多くなっているので、復職するにはかなり適していると言えるでしょう。

 

ただし、老人ホームにもいろいろと種類があり、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者住宅や老人保健施設など、種類によって待遇も変わってきますし、仕事の内容も変わってくるので注意しないといけません。一般的に老人ホームと呼ばれているのは、有料老人ホームと特別養護老人ホームとなっていますし、最も養護施設の中では看護師を募集している可能性が高くて再就職しやすい施設とも言えます。

 

中には病棟勤務と同じくらいハードな職場もある

老人ホームでの勤務は厳しい点もたくさんあるので、後になって別の職場に復職すればよかったと後悔しないように注意するべきでしょう。潜在看護師としての期間が長くても採用してもらいやすいということは、その分看護師が不足しているということを意味していますし、看護師が不足しているということは、辞めていく人も多いということです。

 

場合によっては医療行為を行う必要がありますし、残業も比較的多くなっている職場です。夜勤を行わなくてはいけない職場もあるので、メリットだけではなくデメリットもしっかりと理解しておく必要があります。もちろん仕事内容や待遇などもきちんと確認しておきましょう。

潜在看護師.net | 潜在看護師のための復職支援サービス一覧